アイコン 検査能力と防疫能力を履き違えている韓国

 

スポンサード リンク
 

いくら先進的で優秀な防疫システムを備えたと自負する韓国であろうと、検査能力と防疫能力とは別物だということを理解していないようだ。

検査能力を防疫に生かしてこそ、その真の防疫能力を発揮でき、検査能力に意味を持たせることができるのではないだろうか。
 
韓国の康京和外交部長官は4日「防疫能力のない国が、入国禁止という野暮な措置を取っている」と発言した。
ベトナムは、韓・日・中からの進出企業が非常に多い国だが、2月5日、中国からの入国者に対し14日間の隔離を発表、現在の感染者数は18人にとどまっている。中国とは隣接国でもある。そのベトナムは2月28日から感染急拡大が続く韓国に対しても同様な措置を取った。防疫能力のない国・・・との発言は傲慢すぎるのではないだろうか。
その2日後の6日現在では、先進国も含め世界102ヶ国が、韓国からの旅行者の入国を禁止・制限している。


 
ここまできても防疫面では、
1、中国からの入国制限を行っていない。
制限は湖北省だけで、朝鮮族の往来が多い吉林省、遼寧省さえ制限をかけていない。また韓国からの進出企業が多い山東省からの入国検査の最大限の強化も行っていない。
2、礼拝、公演、集会など自主的なものに任せ、一時的な制限措置さえ取っていない。
3、250万都市の大邱市や慶尚北道に対しては、規制はしたものの封鎖などは反撃にあい考えられない状況。
4、宗教団体に布教活動の一時停止措置も行っていない。
  不況活動と新コロナ=「悪魔」、悪魔祓い、神様のお助けが感染を拡大させている。
5、非常事態宣言を発し、一時、法の制限も行わざるを得ない状況に至っているが・・・。
感染拡大局面で、検査と防疫の両面から、強行策を取る時期に来ていたようでならない。
 
韓国民の25%が信者とされるプロテスタントのキリスト教団長は、「礼拝でウイルスを退治する」という(国民の6%のカトリック団体はネット礼拝を発表)。
新興宗教が多く、勢力拡大のため布教活動に檄を飛ばし行っている現状。
 
文政権は非常時に、することもしていない。
世界一の検査能力で感染者の疑いのある人たちを検査している間に、感染が拡大していることを理解しようともしていない。
マスク一つとっても、乗り出したものの後手後手対策に終始し、現実と乖離しすぎて国民からの批判を受け続けている。
 
それでいて、文政権の高官たちは、「日本の検査体制はなっていない、韓国より日本の方が実際の感染者数は多いはずだ」とか言いたい放題。もう何人の高官たちが同じような発言をしたことだろうか。
韓国マスコミ各社までそうした内容を掲載した外紙まであら探ししてまで掲載し、自己満足にふけっている。CNNには韓国人記者もいようが、日本の感染者数は、実際は10倍だとする北大の西浦博教授の発表を引用した、CNNし同様な記事を再三掲載しており、それを喜んで韓国マスコミは掲載している(韓国発のCNN記事の可能性が高く、韓国紙とマッチポンプの可能性すらある)。
 
高官も、そんなことを長々考え発表する暇があれば、自国の新コロナに対する防疫に全力を尽くすべきではないだろうか。
マスコミにしても批判ばかり、防疫に対する提案は保守系が「中国制限」を掲載する以外、何一つ出していない。
 
4月15日、総選挙が行われる。文政権にしても、今回の新型コロナの防疫失敗から、日本批判を強度化しなければ勝ち目はない事情も横たわっている。
その武器として、GSOMIAの廃棄延長の終始、元徴用工裁判における日本企業の韓国資産の売却処分がある。
韓国政権は、現実の感染者数の激増をさておき、日本の入国制限措置に対する報復措置として日本人へのビザ停止、そうしたことで総選挙に勝利するつもりだろう。
 
日本が中国に対して渡航制限を課した現在、韓国文政権がそれでも中国に対して渡航制限を行わなかった場合、文在寅教祖のロウソク民信教のロウソクの灯まで消える可能性すらある。
それに対して文政権は、「新コロナは中国人訪韓客が持ち込んでいるのではなく、中国から帰国の韓国人が持ち込んでいるものだ」と述べ、国民との認識のズレは埋めようもない。
 
韓国では、早くから「中国からの入国を禁止して欲しい」との大統領請願の賛同が100万を突破している。
以上、異常
 
7日00時現在、韓国の感染者数は前日比483人増の6,767人(うち治癒者118人)、死亡者数は44人。
中国の湖北省を除く6日現在の現在感染者数は1,063人(累計感染者数13,102人)となっている。三蔵法師から即効薬を手に入れ治癒者が急増している。
 
文政権は湖北省以外激減している中国の数値に対して、入国制限措置を取れるだろうか。
中国国内では860人の韓国人が14日間の隔離措置が取られているという。
 
韓国政権は、日本や他国にイチャモンを付ける前に、大邱市や慶尚北道を封鎖し、釜山市とソウル都市圏の感染拡大を阻止、現在の現在感染者数を減らすことが先決だろう。
北から南からアメーバー状に感染が広がる慶尚北道、韓国最大級の亀尾産業団地だけ封鎖しないこともできないだろう。
 
「新天地」ばかりに気を取られている間に感染は拡大し続けている。「新天地」に対しては超法規的に一時全活動を停止させ、その間に、大邱市では、250市民に対して隔離すべきか否かを決定し、擬似者をすべて隔離するしかない。2週間で決着が付けられるというのに。
 
下手に検査能力があるから、それが科学的だろうとそれに依存してしまっているのが韓国文政権。いくら検査能力があっても250万都市の大邱市に対するだけでも非力すぎる。その間に感染は確実に広がっている。足元では全土でも感染が拡大している。
 

 

3月7日までの韓国の感染地と感染ルート・集団発生地
感染者数
集団発生場所 
行政区別
 
新天地
ほか
 大邱市
5,084
3,716
テナム病院(2)、ハンマウムアパート(46人うち半分以上は新天地に重複)
慶尚北道
1,049
466
テナム病院(118)、天主教安東教区聖地巡礼団(49)、奉化ブルー老人(51)、麦粒愛の家老人(24)、慶山シルバータウン(17)、慶山漂老人(13)、慶山幸老人(8)、金泉少年院(3)、韓国電力(4)、慶山エリム老人(3)、慶山灰センター(2)
京畿道
130
22
濃厚接触(48)、水原生命泉教会(10)、盆唐病院(9)、海外流入(6)
ソウル市
108
4
恩平聖母病院(14)、城東区のアパート(13)、鐘路老人(10)、明倫教会(3)
釜山市
96
33
温泉教会(33)、濃厚接触(23)、テナム病院(2)、水営区幼稚園(6)、海雲台聖堂(6)、鎮海区学園(4)
忠清南道
92
0
天安市スポーツ施設関連(91)
慶尚南道
82
29
ユニゾン昌原病院(7)、途方教会(10)、昌寧カラオケ(7)、温泉教会(2)
江原道
26
15
 
蔚山市
23
12
 
忠清北道
20
7
槐山老人(6)、濃厚接触(1)
大田市
18
2
濃厚接触(8)
光州市
13
8
海外流入(1)
仁川市
9
2
濃厚接触(2)、海外流入(1)
全羅北道
7
0
濃厚接触(2)、海外流入(1)
全羅南道
4
1
海外流入(1)
世宗
2
1
 
済州島
4
0
 
合計
6,767
4,318
63.8%
・「新天地」など感染ルート判明者4,925人の72.8%、不明者1,842人。/死者44人。/治癒118人。
      青色は6日に新たなに発生した集団感染地。
 

 

韓国の感染者推移(累積)
COVID-19
新天地
テナム病院
 
感染者数
増加数
感染者数
感染者数
2月18日
31
 
1
 
2月19日
51
20
 
1
2月20日
104
53
 
16
2月21日
204
100
 
 
2月22日
433
229
 
 
2月23日
604
171
306
111
2月24日
833
229
508
 
2月25日
977
144
 
 
2月26日
1,261
284
 
 
2月27日
1,766
505
731
114
2月28日
2,337
571
840
117
2月29日
3,150
813
 
 
3月1日
3,736
586
2,113
 
3月2日
4,212
476
2,418
 
3月3日
4,792
580
 
 
3月4日
5,328
536
2,992
119
3月5日
5,766
438
 
 
3月6日
6,284
518
3,917
 
3月7日
6,767
483
 
 
・大邱市の「新天地イエス会」大邱教会;礼拝信徒ら
・慶尚北道清道郡の「テナム病院」 の院内感染
・テナム病院の敷地一帯には、元々国立リハビリセンターや老人ホームがあり、全員引越し隔離しているが、そうした施設からも感染者が出ており、総計すれば150人あまりになるという。

 

[ 2020年3月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産