アイコン クラボウ 15分検査の簡易検査キット販売開始 16日から 中国企業開発製

 

スポンサード リンク
 

クラボウは12日、約15分で新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べられるキットを16日から輸入販売すると発表した。
少量の血液で検査でき、従来のPCR検査と比べて大幅な時間の短縮やコスト削減ができる。感染初期の患者に対しても精度が高いという。
 提携先の中国企業が開発した。

現在主流のPCR検査は結果の判明まで早くて数時間かかり、感染初期の患者に対してはウイルスの検出が難しいといわれている。
クラボウのキットは検査時間の大幅な短縮に加え、感染時に体内で生成される特定抗体を高精度で検出できるという。
以上、

厚労相は、駐日中国大使から新コロナ対策に提供された1万簡易検査キットをどこに仕舞い込んだのだろうか。(クラボウ分は同型の可能性もある)

厚労相は、韓国政府当局から技術提供を受けたとされる6時間PCR検査(現在は3時間)の検査技術をどうしているのだろうか(韓国大感染前の2月16日前後)。

島津製作所もノロウイルス検査装置を、新コロナ用に大改造した1時間の簡易検査キットを3月待つまでに納品できると発表している。


 

[ 2020年3月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産