アイコン メディアファイブ(福岡)/第2四半期決算 福証Qボード

スポンサード リンク

同社は、ソフト開発者の人材派遣、運用管理、ソフト開発受託、内装業、スイス料理の飲食店経営の5本柱を事業分野としているが、主業はIT技術者派遣事業。昨年5月より「メディアファイブ保育園薬院」も開設している。
同社は、企業におけるITエンジニア不足の中チャンスであるものの、同社も人材確保に苦戦しており、人材採用コストが上昇しているとしている。

 しかし、経営者はこれでは事業分散により経営に集中できず、大きく業績を伸ばすことは困難と見られる。社長は会社を売却して、ボロ儲けし、好きな仕事をしたいようにも見受けられる。

株価も970円(1/11)であり、上野社長個人の持分時価総額も2.3億円まで増加している。
 もっと軍資金が必要ならば、主業に集中し、売上高+利益の大幅に増加させる必要がある。そうすれば、東証への道も開かれ、株価もすっ飛ぶことだろう。

20185月Q2期 売上高内訳/百万円
連結
売上高
前期比
営業利益
前期比
営業利益率
BtoB(派遣)
445
2.0%
88
15.7%
19.8%
サポート
141
7.6%
31
14.8%
22.0%
BtoC(開発)
52
15.0%
11
 (赤)
21.2%
工事(内装)
48
41.1%
5
  (僅少)
10.4%
飲食
7
8.2%
-4
 (赤)
 
調整
0
 
-113
 
 
合計
693
2.9%
18
415.4%
2.6%

 

連結/百万円
売上高 
営業利益
←率
経常利益
純利益
17/5期Q2
657
3
0.5%
3
-1
18/5期Q2
694
18
2.6%
12
6
18Q2/17Q2比
5.6%
500.0%
 
300.0%
 
18/5期予想
1,590
65
4.1%
63
34
18期予/17期実
16.9%
47.7%
 
90.9%
161.5%
17/5期実績
1,360
44
3.2%
33
13
16/5期実績
1,278
68
5.3%
68
59
15/5期実績
1,092
38
3.5%
42
18

スポンサード リンク
[ 2018年1月12日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ