アイコン ユニクロのファーストリテイリング/第一四半期 16.7%増 

スポンサード リンク

同社の商材は、冬の重衣料は単価も夏物より高く、売れれば大儲け、それには早期に寒くなることが一番、今冬は、秋は短く早々に真冬突入、米国の東部・中部では大寒波襲来、イグアナが生息する亜熱帯のフロリダ半島まで寒波が押し寄せ、イグアナが凍死、ワニが川で凍った状態で冬眠していると話題になるほど。

同社の9~11月の第一四半期を見ても大きく業績を向上させている。
寒さからヒートテック、ダウン、スウェット、メリノセーターなどのユニクロが強みとする秋冬商品の需要が強く、これらの商品の在庫を持った商売ができたことにより、好調な売上高となった。
 12月以降もこうした販売好調は、寒さも続き、維持されるものと見られる。

<国内を海外が抜く>第1四半期
国内ユニクロ事業の売上高は2570億円(7.6%増)、営業利益は541億円(18.6%増)と、増収増益になった。Eコマース販売を含む既存店売上高は8.4%増だった。

海外ユニクロ事業の売上収益は2,582億円(前年同期比31.4%増)、営業利益は466億円(同54.7%増)と、大幅な増収増益を達成している。
 (海外事業ではアメリカで苦労していたが、寒さもありやっと実ってきたのだろうか)

<12月は>国内
12月の国内ユニクロ事業の既存店(758店)の売上高は前年同月比18.1%増、客数13.5%増、客単価4.0%増となった。日本では1月10日~13日にかけ今シーズン最強の寒さが襲来、1月は寒さが続くとされている。
あまりにも売れてCMは控えめのようだ。

ファーストリテイリング(ユニクロ等)
連結/百万円
売上高 
営業利益
←営利
税前利益
帰属利益
17/8期Q1
528,847
88,591
16.8%
104,204
73,698
18/8期Q1
617,026
113,901
18.5%
117,832
84,646
18Q1/17Q1
16.7%
28.6%
 
13.1%
14.9%
18/8期予想
2,050,000
200,000
9.8%
200,000
120,000
18予/17比
10.1%
13.4%
 
3.4%
0.6%
17/8
1,861,917
176,414
9.5%
193,398
119,280
16/8期
1,786,473
127,292
7.1%
90,237
48,052
15/8期
1,681,781
164,463
9.8%
180,676
110,027

 

スポンサード リンク
[ 2018年1月12日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ