アイコン 若い女性びっくり仰天 軽い気持ちで書いた中傷記事200万円慰謝料請求受ける

報道によると、ネット上の掲示板に妻の容姿を誹謗中傷する書き込みをされたとして、横浜DeNAベイスターズの井納翔一選手が、書き込んだユーザーを訴えたとフライデイが報じた。

<井納選手の妻の執念の追跡で若い女性特定>
プロ野球の横浜DeNAベイスターズの井納翔一郎投手(31)の妻が、ネットの「嫁がブス」という書き込みに怒り、匿名の壁を突破して探し当てた20代の女性に、約200万円の慰謝料を請求した。
 匿名に隠れて勝手なことを書いているネット投稿者には衝撃だ。

井納投手は現役バリバリ。昨年(2017年)7月、ネットの匿名掲示板で話題になり、奥さんの写真が出た。これを見た一人が、「そりゃこのブスが嫁ならキャバクラ行くわ」と書き込んだ。むろん匿名だった。

スポンサード リンク

<井納選手側はネット掲示板に対して情報開示を求めた>
ところが11月、井納選手の妻から投稿者に通知文が届き、さらに12月半ば訴状が届いた。原告は、井納選手の妻(20代後半)、投稿者の20代の女性・会社員Aさんに対して、191万9686円の慰謝料と訴訟費用(これまでに77万円)の被告負担を請求した。

FRIDAY2月9日号によると、Aさんは、「軽い気持ちでした書き込みで、まさかこんなことになるなんて......どうしたらいいのか、途方に暮れています」という。

<匿名掲示板なのに、なぜ投稿者がわかったのか>
井納投手の妻は掲示板に対し情報開示を請求。
AさんのIPアドレスを入手して、ネット提供会社(あるいは携帯会社)から個人情報(氏名、住所、電話番号)を得た。
情報開示は、権利侵害が明白、正当な目的がある場合などで認められる。

清水陽平弁護士は「基本的には拒否されるので、裁判が必要になる。一般の人には難しい」という。
このケースは、それを突破した。通常、相手を特定するまでに、8~9ヶ月、裁判に1年以上かかるという。 ただ、弁護士費用などで、これに77万円を要した。訴状には、これもAさんに払えとしている。
記事が掲載されているのは、2018年1月26日発売の『FRIDAY』。そこには、井納選手側から届いたとされる『訴状』の写真と共に、トラブルの経緯などが細かに記載されていた。

<近年、社会問題化しているネット上での誹謗中傷>
相手の顔が見えないせいか、誹謗中傷の言葉を発するほうは、『悪いこと』という自覚が生まれにくいといわれている。
また、ネットは匿名性が高いこともあり、相手に自分の身元が分からないだろうと気の緩みが出てしまうのも、不用意な発言を助長する原因だとされている。

しかし、今回、井納選手のような有名人が訴えを起こしたことにより、改めてネットユーザーの間で、不用意な書き込みを危惧する意識が広まった。
何より、匿名で書き込みしたとしても人物を特定できることや、発言の責任を問われることが周知されるのは、ネット上の誹謗中傷の抑止力につながるかもしれない。

被害者にも加害者にもならないために、ネットを利用するすべての人が、ネット上のモラルについて考え直す必要がある。
以上、J-CAST-NEWSより

井納選手はプロ野球選手として公人でもあるが、奥さんは私人。ほかもいくらでも書いているからとして、私人を調子に乗り安易に誹謗中傷すれば、こういう事態にもなる。裁判に対応すれば、まず、自らを弁護することはほとんど不可能、裁判の対応を弁護士に依頼すれば、弁護士費用がかかる。ただ、被告の女性は弁護士を起用し、ある程度の金額で和解することもできる。
断定はできないが、これまでの判例では、裁判での慰謝料額は請求額からかなり減額されようが、訴訟費用は減額にはならない。
このくらいの中傷記事はネット上に氾濫し社会問題化しており、今回は警告の意味もあり、きつい裁判も想定される。

スポンサード リンク
[ 2018年1月30日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ