アイコン ATM 18億円一斉引出事件で山口組・弘道会・住吉会の各本部を家宅捜索

 

 

2016年5月、全国17都府県のコンビニなどのATMで、偽造されたクレジットカードが一斉に使われ、現金18億円余りが不正に引き出された事件で、千葉県警が主犯格の1人と見られる準暴力団「関東連合」の元メンバーの40代の男の逮捕状を取って全国に指名手配したほか、福岡県警が関東連合の元メンバーと見られる齊藤祐輔容疑者(33)を逮捕し捜査を進めている。

当事件で、千葉県警や福岡県警などは、関係先として、神戸市にある山口組総本部や、名古屋市の山口組弘道会本部、それに東京の住吉会本部などに一斉に捜索に入った。

警察は、全国で起きた一連の事件に暴力団が組織的に関わった疑いがあると見て、全容解明を進める方針。

スポンサード リンク

捜索を受けたのは、神戸市灘区にある6代目山口組の総本部、名古屋市中村区にある山口組の中核組織、弘道会の本部、東京・港区赤坂にある住吉会の本部。

関東連合関係の2人は、全国で起きた一連の事件で主導的な役割を果たしたと見られているが、その際、暴力団の指示を受けていた疑いがあるという。

警察は、2人と関係があると見られる暴力団の事務所の捜索を行っていて、今後、押収した資料を分析し、事件の全容解明を進める方針。

以上、

 

スポンサード リンク
[ 2018年2月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ