アイコン 北の達人Coが「はぐくみプラス」(福岡市)に対し1億円の支払請求訴訟起こす

札幌本社の通販業者でオリゴ糖製品を主力とする北の達人コーポレーション(東証一部)は、(株)はぐくみプラスを被告として、はぐくみプラス社による品質誤認表示・信用毀損行為の差止め、品質誤認表示の抹消、虚偽の事実を記載した文書の回収、及び13億7,944万円の損害賠償のうち一部である1億円の支払い等を求め、7日、東京地裁に訴訟を提起した。

北の達人コーポレーションは、はぐくみプラス社が販売している「はぐくみオリゴ」のオリゴ糖純度を100%と表示する行為が品質誤認表示に該当し、また、北の達人者が販売している「カイテキオリゴ」について、はぐくみプラス社が「カイテキオリゴはオリゴ糖100%じゃない、はぐくみオリゴはその点良品で100%」等の虚偽の事実を述べる行為が、信用毀損行為に該当する等と主張し、不正競争防止法に基づき、それらの行為の差止め及び損害賠償等を求めたもの。
以上、

スポンサード リンク

こうした通販商品は、通販向けの製造会社があり、そこから仕入れて販売するのが普通。製造会社の成分説明書がついている。
通販会社の販売は、マーケティング力、客受けするキャッチフレーズとパッケージが最重要、物によっては高くしないと売れない商材もある。
比較広告はアメリカでは普通に行われているが、日本の場合はほとんど受け入れられていない。当然、比較する商品について虚偽があってはならない。訴えられる。

ただ、今回の訴訟では「虚偽の事実を述べる行為」が、書面などで確認されているか、組織ぐるみで「虚偽の事実を上る行為」をしていたかも問題となる。
福岡市や福岡市近郊には通販業者が多く、巨大化している会社も多い。マーケティング力に優れた人材が豊富なのだろうか。

 

会社名
(株)はぐくみプラス
通販サイト名
hugkumi+(はぐくみプラス)
住所
福岡市中央区薬院1丁目5−6 ハイヒルズ7階 
代表取締役
山村昌平
配送センター
福岡県糟屋郡粕屋町江辻1−1ー2階
社員数
23名(パート含む)  
設立
2014年7月
資本金
2,000,000
事業内容
健康食品の販売、健康食品に付随する商品の販売
代表プロフィール
1984年生。九大中退後、訪問販売などの営業を経験し、cocosys(web通信販売・コンサル)に入社。5年勤務後、2012年9月に(株)Hide&Seekを設立し、代表取締役に就任。2014年1月より、育児専門の自社ブランド「hugkumi+」の事業を立ち上げ、2014年7月に分社後、(株)はぐくみプラスの代表取締役に就任。

 

北の達人コーポレーション
非連結/百万円
16/2
17/2
18/2期予
売上高
2,222
2,696
5,281
営業利益
397
542
1,416
 ↑率
17.9%
20.1%
26.8%
経常利益
393
538
1,417
当期利益
226
356
965

 

スポンサード リンク
[ 2018年2月 8日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ