アイコン 東洋建設 第3四半期 大増収大増益 通期予想は増益修正か

 

 

マリコンの同社は第3四半期について、事業別に次のとおり説明している。

<国内土木事業>

港湾、空港など国際競争力強化のためのインフラ整備工事や、民間工事の受注及び施工に注力したほか、都市部のインフラメンテナンス関連工事にも取り組んだ。また、地盤改良船はじめ、各種主要作業船が各地で順調に稼働した。

<国内建築事業>

中期経営計画において重点施策に掲げた工場、物流センター、医療福祉、住宅の主要4分野の営業力強化に加え、事務所、ホテル、環境施設等の大型案件に対する積極的な対応を進めた。

また、注力分野であるリニューアル関連事業も堅調な民間設備投資を背景に着実な成果を上げた。

<海外建設事業>

ベトナムの航路浚渫工事、ミャンマーの港湾施設工事、フィリピンの河川改修工事及び現地法人CCT CONSTRUCTORS CORPORATION(連結子会社)による大型工場建築工事などが順調に推移したものの、一部不採算工事の影響もあり部門営業利益は前年同四半期に比べ減少したとしている。

スポンサード リンク
東急建設 第3四半期
 
売上高
営業利益
 営業
 
/百万円
前期比
/百万円
前期比
利益率
国内土木
71,498
17.1%
5,317
121.4%
7.4%
国内建築
33,429
-3.7%
1,479
-26.8%
4.4%
海外建設
16,382
9.5%
350
-54.7%
2.1%
その他
853
34.4%
200
-23.4%
23.4%
調整
3
 
1
 
 
合計
122,165
9.7%
7,347
34.6%
6.0%

 

東洋建設 第3四半期 
連結/百万円
売上高
営業利益
←率
経常利益
当期利益
17/3期Q3
111,352
5,457
4.9%
4,948
3,001
18/3期Q3
122,165
7,347
6.0%
7,259
4,570
18Q3/17Q3比
9.7%
34.6%
 
46.7%
52.3%
18/3期予想
176,000
8,700
4.9%
8,400
5,600
18予/17期比
15.3%
22.1%
 
32.8%
30.1%
17/3
152,587
7,123
4.7%
6,326
4,303
16/3
156,235
8,464
5.4%
7,501
4,520
15/3
148,468
5,921
4.0%
4,607
3,346

スポンサード リンク
[ 2018年2月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ