アイコン 日本郵船 中国子会社で現地幹部ら20億円超を業務上横領

日本郵船は13日、中国国内で完成車 輸送事業を営むNYK Car Carrier(China)社(中国・上海市、現地名称:上海日邮汽车运输有限公司)において、現地採用の元幹部らによる業務上横領などの不正な費用支出等が行われた可能性があることが判明したと発表した。

本件による同社の連結決算の最終損益への影響は、現時点では累計で総額約20億円程度を見ている。
以上、

スポンサード リンク

日本人でも信用できない時代に、中国人を信用するとは・・・、そのためにチェック機能がある。そのチェック役が横領の片棒では、採用そのものに問題があろう。

金の動きをAIが監視するシステムが必要だろうか。
 

スポンサード リンク
[ 2018年2月14日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ