アイコン 都「Reilis&Company」に対し2度目の是正勧告 投資用マンション強引商法 レイリス

2度も是正勧告を出す必要があるのだろうか。業務停止処分が相当ではないのだろうか。業界のイメージダウンになる。

 
東京都は、投資用マンションを強引に販売していたとして3年前に是正勧告をした業者「Reilis&Company」が、その後も勧告に従わなかったとして、2日事業者名を改めて公表し、注意を呼びかけている。
 
都によると、「Reilis&Company」は、消費者が勧誘を断っても「話を聞かないのは失礼じゃないか」などと長時間にわたって強引な勧誘を行っていたとして、3年前、都の条例にもとづく是正勧告を受け、事業者名を公表されていた。
ところが、勧告の後も同様の相談が50件相次ぐなどしたため、都は勧告に従わず不適正な行為が繰り返されていたとして、2日事業者名を改めて公表し、消費者に注意を呼びかけている。

 

スポンサード リンク
社名
Reilis&Company株式会社(英表記 Reilis&Company.Inc)
所在地
東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー5F
代表取締役
菊池 亮
設立
2011年8月
資本金
2千万円
事業内容
不動産の売買、賃貸借、管理及び仲介
都市開発に関する企画、調査、設計
土地建物の有効活用に関する企画、調査、設計

スポンサード リンク
[ 2018年2月 3日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ