アイコン セガサミHD/第3四半期 パチンコ機器悪化 ゲーム好調 株価も急騰

同社は、今2月からの出玉規制によりパチンコ・パチスロ業界は設備投資を極力控えるものと見られ、パチンコ・パチスロ機器部門は当面低空飛行が続く可能性がある。
一方、エンターテイメントコンテンツ部門は、コアユーザーの家庭用ゲーム機が回帰しているのか、販売高は前年並みだが営業利益を改善させている。

デジタルゲームでは、「ファンタシースターオンライン2」「オルタンシア・サーガ-蒼の騎士団-」「ぷよぷよ!!クエスト」では各種イベント開催、新作「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」が堅調に推移したとしている。

パッケージゲームは、コアユーザーがスマホから回帰しているのか前年同期間813万本の販売が、今期は1428万本と急増しているが、日本向けは減少、欧米向けが増えている。新作の「ソニックフォース」「龍が如く 極2」「Football Manager 2018」を新規投入している。

スポンサード リンク

アミューズメント機器は「UFO CATCHER」シリーズのプライズ機が好調に推移している。
アミューズメント施設は既存店売上高が前年同期間比2.1%増となった。

リゾート事業は、宮崎のフェニックス・シーガイア・リゾートにおいて「THE LIVING GARDEN~森のエリア~」をオープンさせ、来場者は9%増となった。
同社が巨額を投じたまだ開発途上にある韓国・仁川近くの韓国初のIR型カジノ「パラダイスシティ」は徐々に収益が改善してきているとしている(カジノは開業/持分会社)。
以上、

韓国と中国が仲良くならなければ、なかなかカジノ上客は来ないだろう。マカオカジノは大幅に回復してきているが、韓国カジノは、江原ランドを除き、全部外人さん専用のカジノでもあり、中国からの上客を引っ張り込まない限り、業績に寄与するには長期間を要するものと見られる。
九州の土建屋などのカジノファンは済州島が多く、仁川・永宗島まで来らせる裏の努力も必要だろうか。
しばらくは、ゲーム部門が同社を牽引するしかなさそうだ。

 

20183月Q3期 売上高内訳/百万円
連結
売上高
前期比
営業利益
前期比
営業利益率
パチンコスロ
95,499
-20.2%
15,179
-41.4%
15.9%
エンタメゲーム
157,944
1.6%
17,279
12.3%
10.9%
リゾート
7,359
-30.2%
-1,843
-1,822
 
調整
2
 
-4,992
 
 
合計
260,804
-1.8%
25,623
0.1%
9.8%
 
セガサミHD 
連結/百万円
売上高
営業利益
←率
経常利益
当期利益
17/3期Q3
285,727
35,067
12.3%
35,398
36,527
18/3期Q3
260,804
25,623
9.8%
24,315
13,754
18Q3/17Q3比
-8.7%
-26.9%
 
-31.3%
-62.3%
18/3期予想
330,000
13,000
3.9%
10,000
5,000
18期予/17期比
-10.1%
-56.0%
 
-65.0%
-81.9%
17/3期
366,939
29,527
8.0%
28,542
27,607
16/3期
347,981
17,617
5.1%
16,409
5,369
15/3期
354,921
17,609
5.0%
16,993
-11,258

スポンサード リンク
[ 2018年2月 7日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ