アイコン 教育向け新IPad発表 一般向けもペンシル対応で4万を切る低価格へ 

 

 

アップルが新型iPad(2018)を発表、国内価格も判明した。

iPad(2018)は、2017年に登場した低価格iPadの後継モデルで、これまで上位の「iPad Pro」に限られていた「Apple Pencil」についに対応した。

今回の発表の場が教育分野向けイベントだったため、通常のモデルは発表ナシと思われていたが、価格の安さとともにサプライズとなったようだ。

スポンサード リンク

国内価格は税別で以下の通り。

<Wi-Fiモデル>
32GB:3万7800円
128GB:4万8800円

<LTEモデル>
32GB:5万2800円
128GB:6万3800円

学生・教職員向けは以下の通り(税別)。

<Wi-Fiモデル>
32GB:3万5800円
128GB:4万6800円

<LTEモデル>
32GB:4万9800円
128GB:6万1800円

 

「Apple Pencil」対応だったproが新品で10万近くだったことから、この価格でペンシル対応はユーザーとして本当に喜ばしい。

ただ、この発表前にIPadproを購入したユーザーは肩を落としていることだろう。

 

IPAD

スポンサード リンク
[ 2018年3月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ