アイコン アメリカはNO.1なのだ EUの報復関税にEU自動車に関税かけるだけと

 

 

米トランプ政権は、輸入鉄鋼に一律25%、アルミに10%関税をかけることを今週決定する。それに対して、EUが報復関税を課すことを検討していることについて、トランプ大統領は、報復すれば、EUから輸入している自動車に高い関税をかけるだけだと、狂気の発言をなした。

中国も報復関税を検討しており、中国も含めトランプ政権は報復措置をけん制したものと見られる。

韓国などはWTOに訴えるとしているが、審決に3年かかり、効果は薄く、実効性に乏しい。ただ、すでにダンピングなどで一番多く貿易制裁を受けている韓国、さらに25%が加算されるとも報道されている。競合する原油生産やパイプラインなど向けの先進鋼管が打撃を受ける。

スポンサード リンク

もはや、米トランプの前にWTOのルールは死に体。

狂気の沙汰もここまでくれば、・・・、もっともっとひどくなる。そして北朝鮮に対しても・・・。

トランプは、同盟国と貿易は別だとして、貿易に同盟国は関係ないとしているが、戦争の変わりに貿易制裁を利用している張本人が米国だ。

スポンサード リンク
[ 2018年3月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ