アイコン 中国・女性報道官「華春瑩氏」23日ぶり記者会見 河野外相とのツーショット禍か

 

 

台湾メディアはこのほど、中国外交部の定例記者会見を担当する女性報道官、華春瑩(ホア・チュンイン)氏が中国当局に「国家転覆罪」の疑いで拘束されたと報道した。
華氏は、外国記者の質問に常に険しい顔で臨み、中国当局の見解を代弁することで知名度が高い。中国外務省はこの報道を否定し、華氏は3月1日に23日ぶりに記者会見に姿を見せた。

台湾紙・自由時報(2月28日付)は、華氏の家から、当局は500万ドル(約5億3500万円)の現金を押収し、米国への移民関連書類などを見つけたと伝えた。「警察当局は、国家転覆罪の疑いで華氏を取り調べる方針」とした。

中国国内に、中国当局の見解を繰り返す同氏の姿勢を嫌うアンチが多くいる。ネットユーザーの投票で、2013年華氏は「中国人渣(クズ)ランキング」の32位に選ばれていた。

スポンサード リンク

一方、香港紙・蘋果日報は、中国外交部が2月28日午後の記者会見で、華氏についての報道を否定した。
同紙は、情報筋の話を引用し、外交部の報道官らは交代制で休暇を取っているため、華氏は現在休暇中だとした。
華氏は2月5日の定例記者会見を最後に、28日まで公の場に姿を見せなくなった。江蘇省出身の華春瑩氏は2012年に、外交部の報紙媒体司副司長に昇格し、報道官を兼任した。
以上、報道参照

真相は不明だが、いろいろネタが出てくるものだ。少なくとも巨額賄賂や国家転覆の嫌疑ならば、すでに檻の中で、報道官の仕事は100%ない。1日記者会見したことから、単なる作り話ということになる。

「ワールドビジネスサテライト」で小谷真生子キャスターが、中国の記者の取材に応じ、作文報道され、降板させられたのは、日経の忖度か、総務省の圧力か。

河野外相は中国訪問土産のツーショットに大喜びだろうが、今回の華氏の23日間の空白は、1月29日に河野外相がアップしたこのツーショットにあるようでならない。

河野外相が華氏について、いろいろ書き込んでいたら、当局によりこのまま闇に葬られたかもしれない。ツーショットだけだったからこんなもんだろう。

 

0305_01.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年3月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ