アイコン 厚労省が売却させていた化血研 明治が取得 明治Hの連結子会社に

 

 

血液製剤の製造をめぐって、業務停止処分を受けた熊本市の「化血研」は、事業を譲渡させられることが正式に決まった。
明治ホールディングスや地元の企業連合、それに熊本県が出資する会社が事業を引き継ぐことになった。

熊本市にある血液製剤などのメーカーの一般財団法人「化血研」(化学及血清療法研究所)は、厚労省の承認とは異なる方法で血液製剤を製造したうえ、組織的に隠蔽を図っていたことが明らかになり、一昨年、110日間の業務停止処分を受け、厚労省から組織の抜本的な見直しを求められ、実質、経営主体の理事たちは経営権を放棄し売却せよと命じられていた。

スポンサード リンク

化血研は13日、評議員会と理事会を開き、事業を引き継ぐ新会社を設立し、東京の製薬会社「Meiji Seikaファルマ」と親会社の「明治ホールディングス」が合わせて49%。肥後銀行など地元の企業連合が49%。そして熊本県が2%買い取ることを正式に決め、企業連合や県と株式譲渡の契約を締結した。

新会社の役員は、過半数を明治側が占めるため明治ホールディングスの連結子会社になる。
明治Hは売上高500億円で高収益の化血研を手に入れた。
お上は怖いのだ。厚労省は外資に弱いが国内企業には滅法強い。その対策は厚労省からの天下りを仰山抱えるしかない。愛媛県選挙区のヒステリックな塩崎ボンボンにやられた。
 

スポンサード リンク
[ 2018年3月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ