アイコン 文政権ネットの功罪 61万超の銀メダリストのキム・ボルム 精神科で治療

 

 

平昌冬季五輪銀メダリストのキム・ボルム(25)が病院に入院し、精神科の治療を受けていることが分かった。
これは、キム・ボルムのマネジメント会社BRAVO & Newの関係者が14日、「キム・ボルムはソウル市内にいたが、12日に出身地・大邱市内の病院でカウンセリングを受けた。

不安などの症状を訴えたキム・ボルムに対し、『安静が必要』との医師の所見が出されたため入院した」と明らかにしたもの。

キム・ボルムは平昌五輪スピードスケート女子チームパシュート(団体追い抜き)準々決勝でいわゆる「いじめレース」騒動を起こし、激しい非難を浴びた。

キム・ボルムは試合後半に大きく遅れを取り、最後尾となった盧善英を置き去りにして、パク・チウと2人で先にゴールしてしまっただけでなく、試合後のインタビューの態度も問題視され、インターネット上でバッシングを受けた。「キム・ボルムの韓国

代表資格をはく奪すべきだ」という大統領府国民請願は61万人を超えた。
BRAVO & New関係者は「現在、キム・ボルムの母親もストレスで入院している。追加検査の結果がまだ出ていないため、正確な入院期間は分からない」と話している。

スポンサード リンク

以上、

盧善英選手にしても一度出場が閉ざされ、本来のゲームではなく、いきなりチームパシュートの代表になり、本番まで1回も3人で練習もしていなかった。そうしたことから、盧善英選手が入ったため、除外された1人がいたはずだ。キム選手らはその除外された1人を含めた3人で長期間練習してきたものと見られる。
ところが、韓国スケート連盟のデタラメから、盧善英選手は1月、いきなり代表選手から下ろされ、自己告発して、再び代表選手になったものの、いきなりパシュート選手になっていた。

キム・ボルム選手も複雑な思いがあったものと見られる。
キム選手はマススタートで銀メダルに輝いたものの、観客に向かって土下座、一方に、土下座させる韓国民たちとマスメディア・文在寅大統領がいた。

文在寅は、個人攻撃になってしまっている大統領府国民請願のホームページの欄を一時閉鎖もせず野ざらしにし、さらに調査に入ると表明している。
韓国の大統領まで率先して、一介のスポーツ選手を徹底的に潰れるまで糾弾し続ける、これは韓国民族の宿命なのだろうか。
キム選手は、すでに文政権を支える暇人のロウソク民心教団から血祭りにされた朴槿恵状態に陥っている。

スポンサード リンク
[ 2018年3月15日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ