アイコン 李明博 検察出頭 文在寅大統領の積弊清算最終コーナー 盧武鉉の恨み辛み

 

 

実兄の国会議員が巨額収賄で逮捕され、自らも払い下げ土地取得で嫌疑をかけられ、レイムダック状態の大統領でありながら、起死回生を謀り大統領として初めて竹島に上陸、天皇陛下まで侮辱した李明博元大統領(76)が14日、検察に被疑者として出頭した。

韓国では積弊清算と称して、文在寅大統領が昔からの盟友だった盧武鉉元大統領を、収賄の嫌疑で追い立て、自殺に追い込んだ李明博大統領(当時)に対して、外堀から李大統領の元側近たちを根こそぎ逮捕させ、残るは李明博だけとなっていた。
(実際は自らも嫌疑をかけられる中、妻が逮捕寸前だった。盧の自殺により妻は無罪放免となった)

2013年2月24日の大統領退任から1844日目。大統領経験者が検察の取り調べを受けるのは5回目で恒例(死刑判決者もいたが恩赦されている)。

スポンサード リンク

昨年3月21日の朴槿恵前大統領から1年を経て再び大統領経験者が検察庁前に立った。
 李明博は、同日午前9時23分ごろ、ソウル市瑞草区のソウル中央地検に到着、「私はきょう、惨たんたる心情でこの場に立った。何よりも民生経済が困窮し、韓半島(朝鮮半島)をめぐる安全保障環境が非常に厳しいというのに、私と私に関することで国民の皆様にご心配をおかけして大変申し訳ない」と述べたという。
以上、報道参照

李明博は、大統領として初めて竹島に上陸、その後、慰安婦たちのところへ出向き天皇陛下まで侮辱する最低の人物、韓国のナシャナリズムに火をつけ、現在に至るまでその火を燻り続けさせる張本人である。
親中従北の文政権になり、朴政権時代の慰安婦合意も認めない(3・1演説〉など、さらに反日に拍車をかけている。

韓国財閥企業の承継問題では、血みどろの骨肉の争いの兄弟喧嘩をするのが韓国財閥のお決まりコース、何か政治の世界でも共通しているようだ。

スポンサード リンク
[ 2018年3月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ