アイコン オウム死刑囚移送開始 1人は福岡拘置所に移送へ

 

 

14日に東京拘置所から出されたオウム真理教の死刑囚7人のうち、6人は別の拘置所に移送され、15日、残りの1人が福岡拘置所に到着する見通しだという。

移送は刑の執行に向けた準備とも関連があるものと見られ、執行がいつ行われるかが焦点となっている。

以上報道より参照
 

オウム地下鉄サリン事件が1995年(平成7年)3月20日。

すでに20年以上が経っているが、被害者やその関係者の心の傷は癒されることはない。

遺族は今回のオウム死刑囚の移送を、執行の準備とみられる動きと捉えているようだ。

 

スポンサード リンク

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180315/

3月15日 4時38分
14日に東京拘置所から出されたオウム真理教の死刑囚7人のうち、6人は別の拘置所に移送され、15日、残りの1人が福岡拘置所に到着する見通しです。移送は刑の執行に向けた準備とも関連があるものと見られ、執行がいつ行われるかが焦点となっています。

オウム真理教による一連の事件では、麻原彰晃、本名・松本智津夫死刑囚(63)など13人の死刑が確定し、このうち7人が14日、東京拘置所から大阪、名古屋、広島、福岡、仙台の5か所の拘置所に向けて移送されました。

 

霞が関駅

地下鉄サリン事件-wiki

地下鉄サリン事件(ちかてつサリンじけん)とは、1995年(平成7年)3月20日に、東京都で発生した同時多発テロ事件である。警察庁による正式名称は地下鉄駅構内毒物使用多数殺人事件[1]。

宗教団体のオウム真理教によって、帝都高速度交通営団(現在の東京メトロ)で営業運転中の地下鉄車両内で神経ガスのサリンが散布され、乗客及び乗務員、係員、さらには被害者の救助にあたった人々にも死者を含む多数の被害者が出た。平時の大都市において無差別に化学兵器が使用されるという世界にも類例のない事件であり、国内外に大きな衝撃、影響を与えた。

毎日新聞では、坂本堤弁護士一家殺害事件、松本サリン事件と並んで『オウム3大事件』(-さんだいじけん)[2]と表現されている。

スポンサード リンク
[ 2018年3月15日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ