アイコン 毎日新聞大阪本社元経済部長41件空巣で送検 在職中に

 

 

毎日新聞大阪本社の元経済部長の藤原規洋被告(63)が、在職中に空き巣など40件以上を繰り返していたとして送検された。
警察によると「盗んだ金は、借金返済に使った」と供述しているという。

藤原被告は、兵庫県の男性のキャッシュカードを使って現金を不正に引き出したなどとして昨年、窃盗罪で起訴された。
その後の調べで、在職中の平成23年から6年間にわたり、窓ガラスを熱して割る「焼き破り」と呼ばれる手口で空き巣を繰り返していたほか、消費者金融のATMから現金を盗み出そうとしていた疑いがあることがわかったという。

スポンサード リンク

警察は、41件の空巣などで現金など180万円分を盗んだとして22日追送検した。

藤原被告は昭和54年に記者として採用され、経済部長のあと論説委員や編集局次長などを務めていたという。
以上、

経済部長ならば結構な報酬を受けているはずだが、北新地に女でも作っていたのだろうか。
 

スポンサード リンク
[ 2018年3月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ