アイコン 覚せい剤250キロ ブラジル人4人逮捕 栃木県の会社関係者

 

 

警視庁などは、覚醒剤の密輸が急増する中、今年1月に香港から東京港の青海ふ頭に到着した貨物船から約250キロの覚醒剤が見つかり、搬入先になっていた栃木県の会社に関係するブラジル人4人を逮捕するとともに国際的な犯罪組織が関わっているとみて調べている。

覚醒剤は工業用の機械の中に隠されていたという。
警視庁などが覚醒剤が運ばれる先を確認したところ、群馬県内の会社だったことがわかり、この会社に関係する男などこれまでにブラジル人4人が関与していることが判明し逮捕した。

密輸された覚醒剤の押収量は一昨年の約1500キロとこれまでで最も多くなり、昨年も1000キロを超えている。
警視庁などは、覚醒剤の末端価格が高い日本を狙って国際的な犯罪組織が大がかりな密輸を行っているとみて取締りを強化している。
以上、

スポンサード リンク

観光客外の外国人が増えれば、犯罪が増加するのは流れ、それもヤクや特殊詐欺、凶悪犯も多くなっている。
実質外国人労働者の技能実習生も全国で大幅に増加しているが、比例して行方不明の不法滞在者も大幅に増加し続けている。当初から行方不明になる目的で入国する技能実習生もいるほどだ。そうした不法滞在者の犯罪も当然多くなる。また、技能実習生制度そのものの欠陥から、行方不明になる実習生も多い。
今回の摘発もたまたま情報が入り、たまたまヤクが見つかったというのが現実だろう。
 

スポンサード リンク
[ 2018年4月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ