アイコン まさか農水省にあるなんて  自民党派閥・国会議員数

 

 

関係者一同びっくり、文科省・内閣府は、関係書類をすべて廃棄処分、ところが、獣医学部であり農水省も関係していた。その農水省に愛媛県職員らと柳瀬唯夫総理大臣秘書官との面談した際の記録が残されていたのだった。

「加計学園」の獣医学部新設をめぐって、愛媛県の担当者が3年前に、学園の関係者らとともに総理大臣官邸を訪問、柳瀬首相秘書官と面談した際の内容を記録したとする文書を作成していた。
その後、県職員が加計学園の獣医学部新設を国家戦略特区に提案するのにあたって、説明資料として、内閣府・文科省・農水省に説明するために使った可能性があると愛媛県知事が表明していたが、農水省に残されていたことがわかったと報じられている。

佐川氏同様・柳瀬氏も総理大臣秘書官から経済産業政策局長⇒経済産業審議官に昇進している。

スポンサード リンク

農水大臣は斎藤健氏(千葉7区/4期/58歳)、派閥は石破派、石破氏は次期総裁選で安倍首相に対抗する立候補予定者の中では№1の実力者。
棚から牡丹餅が落ちてくる可能性もあるが、可能性を手繰り寄せる念力も必要。

石破氏は、2012年の自民党総裁選では、自民党の地方票では石破氏が大きくリードしていたものの、持分が多い国会議員票では、麻生氏(派閥)が安倍氏の支援に動き、これが決定打となり、大逆転劇を果たし、自民党総裁に安倍氏が就任、同年12月の衆議院選挙で前・野田松下整形塾政権の民主党に大勝利を納め、同年同月に第二次安倍政権が誕生した。
安倍首相の細田派と黄門様の麻生派およびよいしょの二階派が安倍首相に投票することから、総裁選挙では安倍氏には勝てない。

次期政権と見られる岸田氏は安倍首相が禅譲しない限り、総裁にはなれない。

 

柳瀬唯夫(56歳)氏略歴
1984年:東大法卒、通商産業省入省。
2004年6月:資源エネルギー庁原子力政策課長
2007年7月:経済産業省経済産業政策局企業行動課長
2008年9月:麻生内閣の内閣総理大臣秘書官
2009年12月:経済産業政策局産業再生課長
2010年7月:経済産業省大臣官房総務課長
2011年7月:経済産業政策局審議官
2012年12月:第2次安倍内閣の内閣総理大臣秘書官
2015年8月4日:経済産業政策局長
2017年7月14日:経済産業審議官

 

自民党派閥 国会議員数
 
合計
衆院
参院
細田派
96
59
37
麻生派
59
44
15
二階派
44
36
8
額賀派
55
34
21
岸田派
46
31
15
二階派
44
36
8
石破派
20
18
2
石原派
12
11
1
谷垣G
17
15
2
無派閥
58
36
22
総数
451
320
131

 

スポンサード リンク
[ 2018年4月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ