アイコン 安倍総理と3割の国民が日本を変えるのだろう。

 

 

10年前、連日連夜のマスコミの政権批判、総理が漢字を読み間違えたと言ってはニュースではしゃぎ、大臣が原爆投下は「しょうがなかった」と発言したと騒いでは大臣の首を取っては、御題目のように「政権交代、政権交代」江戸の末期、「いいじゃないか、いいじゃないか」と叫んだ群衆のようにテレビ、マスコミは「政権交代、政権交代」を連呼し、あの悪夢のような民主党政権が誕生した。

‎あれ以来、私はテレビ、新聞は一切信用しないことにしている。特に朝日新聞、TBSは目にするのも汚らわしいと思う毎日です。

スポンサード リンク

0413_01.jpg

上間裏 アキヒコ‎ ― KOKUMINnoKOE
https://www.facebook.com/

【 安倍総理と3割の国民が日本を変えるのだろう 】

もう連日連夜、野党とマスゴミのヒステリーが続く昨今ですが、皆様いかがお過ごしですか?

私がこの頃しみじみ感じますのは、安倍総理ご本人というよりも、それを生み出した日本国の意志の固さです。

日本人という集合意識の覚悟の強さです。

野党というのは、現在では、政策論議を放棄し、普通の思考さえ放棄し、ひたすら「アベヤメロ」を繰り返すだけの、壊れた自動機械に成り果てております。

マスゴミも偏向をまったく隠さない。

その恥ずかしい報道ぶりは、後日の検証に耐えられない、というか、もはやそんな後先さえ考えていません。

まるで毎日がマスゴミの黒歴史です。

「あの時代は狂っていたな」と後になってみて感じることはよくありますが、まさに現在進行形でそれが起こっております。

ただ、それにしても不思議だと思いませんか?

かつては総理大臣が漢字を読み間違えたとか、実にくだらん理由で、辞職していたのです。

それがいくら証拠なしの言いがかりとはいえ、1年以上、ひたすらあの手この手の倒閣運動をされ、それでもまだ、安倍政権の支持率は3割以上だし、総理が自ら引く気配はありません。

それゆえ野党もマスゴミも発狂しているわけですが、ようするに「これまで」と今は違うのです。

集合意志としての日本人は、今回ばかりは引かない。

とっくに決意と覚悟を固めているのです。

だいいち、何か致命的スキャンダルがあるならまだしも、モリカケも日報も、総理に関係ない言いがかりです。

改憲と日米関係をここまで進めてきて、そんな程度のことで引けるわけがありませんよね。

ここで引くくらいなら、最初からやってない。

不退転の決意があるから始めたことなのです。

これまでは「なあなあ」があったかも知れないが、今回はそうではないのです。

だから安倍総理が折れることはないのです。

だいいち、安倍総理の進退に関わらず、パヨクにこの先の展望がありますか?

米国のトランプ現象、移民で死ぬ欧州、似非グローバリズムの破綻、進む国際間の犯罪者情報の共有など、どっちにしてもパヨクに未来などありません。

パヨクの誰が未来の夢を語っていますか?

誰ひとり夢など語っていない。ただ発狂しているだけ。

そうでしょう?彼らにはビジョンがないから。

ないものを語ることはできないのですよ。

パヨクはとっくに死亡しているけど、この世に未練があって成仏できない怨霊です。

だから日に日に、心も身体も腐敗して、顔つきがどんどんと醜悪になっていくのです。

むしろ野党やマスゴミの悪質な正体が、これほど徹底的に明らかになったことはなかった。

野党もマスゴミも現在の体たらくでは、二度と国民の信頼を得ることはありますまい。

もとより国家が大きく変わるときに、すべての国民が賛同するなんてことはありません。

いつの時代も「訳が分かってない」者の方が多いものだし、空気に左右される者の方が多いのです。

その変化が大きければ大きいほど、あらゆるところで摩擦が生じブレーキがかかります。

前の選挙で自民を支持したけれど、今は支持政党なし、という人だって多いでしょう。

それでもいっこうに構わないのです。

安倍総理の岩盤支持者が3割いるなら儲けものです。

改革勢力としては十分だし多いくらいです。

日本再生はその3割の国民が先導すればよろしい。

この国を心から愛する者が胸を張って、大きく美しい旗を掲げて走れば、周りの人は後からついてくるものですよ。

スポンサード リンク
[ 2018年4月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ