アイコン 7.8億円横領 10年間遊び放題 ブランド品とキャバクラに使いました

 

 

警視庁は、東京・千代田区にある研究機器などの輸入を行う貿易会社の元社員、浜崎千尋容疑者(49)を業務上横領の疑いで逮捕した。

浜崎容疑者は、7年前の平成23年8月、会社の資金200万円を銀行口座から引き出し、着服したとして、業務上横領の疑いが持たれている。書類を偽造して、実際に必要な金額以上の経費を引き出していたという。

5年前に社内調査で不正が発覚し、会社は浜崎容疑者を解雇するとともに、刑事告訴していた。

スポンサード リンク

浜崎容疑者は当時、会社の経理責任者を務めていて、調べに対し容疑を認め、ブランド品の購入やキャバクラの飲食代などに充てていたと見られるという。

警視庁は同様の手口で平成16年からの約10年間に着服を繰り返し、被害額は約7億8000万円に上ると見て調べている。

スポンサード リンク
[ 2018年5月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ