アイコン 池上彰氏殺害予告のネット掲載者を脅迫容疑で静岡県の男を逮捕

 

 

警視庁捜査1課は23日までに、ネット掲示板にジャーナリストの池上彰氏(67)の殺害予告を書き込んだなどとして、無職、中山雄介容疑者(45/静岡市葵区新富町4)を脅迫容疑で逮捕した。
逮捕容疑は2月25日、自宅で「フェイクジャーナリストで反露感情を煽る人間は絶対に抹殺しなければならない」などと記載したメールを、池上氏が出演するテレビ番組の制作会社に送信。
同26日、ネットの掲示板に「今週中に必ず殺害する」と書き込み、池上さんを脅迫した疑いがもたれている。

池上氏は「言論に対して殺害予告で脅すというのは、あってはならないことだと思います。容疑者がこれを機会に更生してくださることを望みます」とコメントした。

スポンサード リンク

以上、

池上氏の番組数は多く、池上氏の言動や報道はすべて真実かのように報じられ、影響も大きい。政治の世界に現実の国民はいるものの、真実などはなく、視聴者は池上氏を受け入れ、個人の見解だとは気づかない。それでも政治の世界を国民に近づけた功績は評価できようか。

TV局も報道部が池上氏を利用して報道させている面もあるようだ。NHKに長い間勤めた関係で、いくら政治番組でも自らは、自らの番組ではけっして蜂にはならないNHKの体質をそのままキープしているところは日和見的にさすがだ。それゆえ、海外の政治・軍事問題分が必然的に多くなっている。

スポンサード リンク
[ 2018年5月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ