アイコン 富士通半導体三重工場を576億円で台湾UMCに売却へ

 

 

富士通は29日、同社の半導体生産部門である三重富士通セミコンダクター(MIFS、本社:横浜市新横浜)の株式84.1%を、台湾のファウンドリー(半導体受託製造)大手、UMC(聯華電子)に対し576億円で売却すると報道されている。

以上、

スポンサード リンク

三重富士通セミコンダクターは、デザインセンターを横浜市と名古屋市に、工場を三重県桑名市多度町に有している。

米国や欧州には、半導体製造会社および工場が残っているが、日本はほぼ全滅している。何が問題だったのだろうか。同じことは何度でも繰り返される。経団連は褌を締めての総括が必要ではないのだろうか。

スポンサード リンク
[ 2018年6月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ