アイコン アメリカ経済NOW 貿易戦争の影響はこれから

 

 

米1~3月のGDP改定値+2.0%(前回+2.2%)
設備投資+9.2%から+10.4%に上方修正
住宅投資-2.0%から-1.1%に上方修正
個人消費+1.0%から+0.9%に下方修正(GDPに占める割合は約7割)
輸出+4.2%から+3.6%に下方修正

米商務省が28日発表した今年1月から3月までのGDP=国内総生産の確定値は、年率換算値での実質成長率は、前3ヶ月に比しプラス2.0%と、先月発表された2.2%から今回の改定値で下方修正され、低い伸びにとどまった。
(トランプ目標3.0%超/大幅法人税減税(35%⇒21%)による大幅歳入不足を経済成長で補う必要がある。)

4月~6月までのGDPの成長率について市場では、雇用が力強く伸びていることから、トランプ政権が目標としている3%を超える高い伸びを見込んでいる。
ただ、トランプ政権が保護主義的な政策を強め、各国との貿易摩擦が激しくなっていることから、企業が投資を先送りするなど、経済の悪影響への懸念が広がっている。

スポンサード リンク
アメリカ経済NOW 2018年経済指標
 
単位
1
2
3
4
5
6
失業率
4.1
4.1
4.1
3.9
3.8
 
非農業部門雇用者数
万人
23.9
32.6
13.5
15.9
22.3
 
賃金上昇
前年比
4.81
4.47
4.58
4.56
 
 
小売販売高
前月比
-0.1
-0.1
0.8
0.4
0.8
 
小売販売高
年換算値
3.9
4.5
5.1
4.8
5.9
 
住宅建設許可件数
万件
137.7
132.1
137.7
136.4
130.1
 
住宅着工件数
万件
132.9
129.5
133.6
128.6
135.0
 
住宅販売戸数
万件
63.3
66.3
67.1
64.6
68.9
 
ミシガン大消費者信頼感指数
確報値
95.7
99.7
101.4
98.8
98.0
99.3
消費者信頼感指数
 
124.3
130
127
125.6
128.8
126.4
生産者物価指数
前月比
0.4
0.2
0.3
0.1
0.5
 
生産者物価指数
前年比
2.7
2.8
3
2.6
3.1
 
消費者物価指数
前月比
0.5
0.2
-0.1
0.2
0.2
 
消費者物価指数
前年比
2.1
2.2
2.4
2.5
2.8
 
耐久財受注
前月比
-3.5
3.5
2.7
-1.0
-0.6
 
ISM製造業景況指数 
 
59.1
60.8
59.3
57.3
58.7
 
鉱工業生産
前月比
-0.3
1.0
0.7
0.9
-0.1
 
GDP(年率換算)
前期比
2.0
 
インフレ率
2.1
2.2
2.4
2.5
2.8
 
貿易収支 
億USD
-567
-577
-472
-462
 
 
対米証券投資1 
億USD
614
490
618
939
 
 

スポンサード リンク
[ 2018年6月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ