アイコン 【 名古屋】ハーグ条約に基づく返還命令を拒否/母子の行方が不明か

 

 

子どもを連れ出した母親がハーグ条約に基づく返還命令を拒否したことをめぐる裁判で、名古屋高等裁判所は、母親による拘束は違法だとして子どもを父親に引き渡すよう命じる判決を言い渡したが、判決後、母親は子どもと一緒に立ち去り、行方がわからなくなっており、引き渡しが実現しない可能性が出ていいることがわかった。

以上報道より参照

以前より問題になっていた子供の連れ去りに関するハーグ条約。

アメリカは強く日本を非難しているがいまだその溝は埋まっておらず、今回のような裁判のような事件がおこる土壌となっている。

行方がわからなくなった母親の気持ちが日本人からすれば理解できようが、国際的な問題となっている政府は頭が痛いだろう。

 

スポンサード リンク

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180717/k10011537371000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008

ハーグ条約で子ども引き渡し命じる判決も母子の行方が不明に
2018年7月17日 22時21分

子どもを連れ出した母親がハーグ条約に基づく返還命令を拒否したことをめぐる裁判で、名古屋高等裁判所は、母親による拘束は違法だとして子どもを父親に引き渡すよう命じる判決を言い渡しました。ただ判決後、母親は子どもと一緒に立ち去り、行方がわからなくなっていて、引き渡しが実現しない可能性が出ています。

スポンサード リンク
[ 2018年7月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ