アイコン 中国でスパイ罪適用の日本人12年の実刑判決 温州市で拘束された人物

 

 

中国で2015年以降、日本人がスパイ行為などを疑われて相次いで拘束された事件で、浙江省杭州市の中級人民法院(地裁に相当)は10日午前、最初に同省温州市で拘束された愛知県の50代の男性に、刑法のスパイ罪などで懲役12年の実刑判決を言い渡したことが分かったと報道されている。

一連の事件で起訴された8人のうち判決が出るのは初めて。日本人が中国でスパイ行為を働いたと認定されるのは極めて異例。
今年5月に李克強首相が訪日し、安倍晋三首相の年内訪中に向けた動きが進むなか、今後の日中関係の進展にも影響する可能性がある。
以上、報道参照

スポンサード リンク

中国としては、政治的な道具を作ったまで。今後、政治的決着として強制送還する代わりに、対価を求めることになる。
政治的に決着できなかった場合は、服役したままとなる。また、スパイ罪の極刑は死刑となっている。
中国ではスパイ罪の用件に対して無知ならば行かぬことだ。事としだいでは売春さえ逮捕される。中国の港湾を撮影しただけでもスパイ罪を適用される怖い国が中国だ。
以上、

以前、日本の公安当局が中国のある部分の撮影を中国旅行者に頼んで、撮影していた旅行者がスパイ罪で逮捕される事件があったと週刊誌が書いていたが、その後、単にスパイ罪として逮捕された事件に隠蔽されたようだ。

米トランプと真っ向勝負で喧嘩している習近平、喧嘩している最中に訪中するなどバカげたものではないだろうか。逆にうまくいく可能性もあるが、その可能性は少ない。

中国にスパイ罪で拉致されている人で、ボーリング会社の人たちは、現地の人たちに導かれ、ボーリング調査地に入って逮捕されており、かわいそう。北朝鮮同様、日本との取引のため拉致したいのだろう。
 

スポンサード リンク
[ 2018年7月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ