アイコン 富士フイルム10億ドルの損害賠償請求訴訟 買収契約反故のゼロックスに対し

 

 

富士フイルムは米ゼロックス社と売買契約を締結、しかし、その後、買収価格が安いとハゲタカが横槍を入れ、ゼロックスの一部役員が、ハゲタカと組み、代表を解任して、総入れ替え、売買契約そのものを役員会で反故にしてしまった。
当然、そのリスクはゼロックス社が負うべきもの。
買収などせず、ゼロックス社をほったらかしていたら、ハゲタカの食い物にされ、いずれ潰れることだろう。
米国は大統領からしてハゲタカ大統領だ。

富士フイルムホールディングス(HD)は18日、米ゼロックスを米連邦地裁に提訴した。
ゼロックスが物言う投資家のカール・アイカーンとダーウィン・ディーソンの思いつきに屈し、富士フイルムとの61億ドル(約6700億円)の買収合意を破棄したと主張した。

スポンサード リンク

富士フイルムは、ゼロックスに対し10億ドル超の損害賠償を求めた。
富士フイルムはニューヨーク・マンハッタンの連邦地裁に提出した訴状で、ゼロックスの取締役会は5月13日、富士フイルムと経営統合する合意を破棄したと指摘した。
「この心変わりは、間違いなく外的圧力が原因。ゼロックスは最近、物言う投資家のカール・アイカーン、ダーウィン・ディーソン両名の気まぐれに影響された。両氏は少数株主であるにもかかわらず、ゼロックス取締役会をありとあらゆる方向に振り回した」と、富士フイルムは訴状で述べた。

アイカーン、ディーソン両氏は、富士フイルムの買収案は、ゼロックスの価値を過小評価していると主張し、合意を阻止。ゼロックスのジェフリー・ジェイコブソン前最高経営責任者(CEO)を退任に追い込んだ。以来、両社は今後の対応を巡り対立を続けている。
以上。
 

スポンサード リンク
[ 2018年6月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ