アイコン GLAYのMPV制作の(株)drop(東京)/自己破産へ アニメ「グラマラスヒーローズ」も制作

 

 

アニメやPV制作の(株)drop(東京都練馬区貫井2-1-29、代表:萩原猛)は8月24日事業停止、事後処理を坂井田大洋弁護士(電話03-6262-5588)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

同社は平成16年8月設立のアニメや映像作品制作会社。

弁護士に一任、自己破産申請の準備にはいった。

スポンサード リンク
 

eスポーツ題材のアニメ「グラマラスヒーローズ」(2017年)や、「クリオネの灯り」(2017年)などを手掛け、映像制作ではGLAYなどミュージシャンのプロモーションビデオ(MPV)等も手掛けていた。

ただ、アニメがそれほどヒットせず、制作にかかわる人件費が高騰し、採算性を大幅に悪化させ、経営不振に陥り、資金繰りにも窮するようになっていた。

スポンサード リンク

[ 2018年8月31日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ