アイコン 京食(株)(山形)/自己破産へ

 

 

カレイやマグロなど水産加工の京食(株)(山形市富神台1、代表:安藤裕之)は8月1日、事後処理を金山裕之弁護士(電話023-625-2681)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約4億円。

スポンサード リンク

同社は昭和25年創業の水産加工品製造業者。平成27年5月期には12億円台の売上高を計上していた。しかし、その後は不漁や需給逼迫から仕入れの魚価が高騰し、採算性を悪化させていた。また、共稼ぎ世帯の増加と高い価格になったことから魚離れが進み、同社の下降製品も売れなくなり、平成29年期には6億円台まで売上高が落ち、採算性の悪化もあり、経営不振に陥っていた。

スポンサード リンク
[ 2018年8月 3日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ