アイコン 「ブレイブオンライン」スマホ版開発の(株)エイタロウソフト(東京)/自己破産へ

 

 

SNSゲームソフト開発の(株)エイタロウソフト(東京都台東区浅草橋3-8-5、代表:西島栄太郎)は12月11日、事後処理を安藤哲朗弁護士(電話03-5275-3353)ほかに一任して、自己破産申請の準備に入っている。

同社は平成14年1月設立のSNSゲーム「ブレイブオンライン」、「ラグナロクオンライン」、「ザ・リング・オブ・ドラゴン」などのスマホ版ソフト開発運営会社。

スポンサード リンク

平成27年12月期には約4億5千万円の売上高を計上していた。しかし、その後は開発費が人材不足で高騰したもののこれといったヒット作が出ず、売上不振、開発費増で赤字、債務超過にいたっていた。

そうした中、同業でJQS上場のアエリアが子会社にし、受託開発させたりしていたが、立ち直らせることができず、アエリアは最近子会社から外していた。

スポンサード リンク
[ 2018年12月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ