アイコン 廣文館/会社分割 新廣文館を設立し承継運営中 旧廣文館は特別清算へ 広文館

 

 

広島で18店舗の展開する老舗書店の廣文館が、既存事業を継続する新会社と債務を引き継ぐ旧会社とに会社分割した。

経営再建を進めるためで、11月19日付で新会社「廣文館」(同)を設立、主要取引先の出版取り次ぎ大手トーハンが社長を派遣した。

旧廣文館は社名変更し特別清算へ

広文館再建へトーハン主導で不採算店舗の見直しなどに取り組む。
「廣文館」の店名で広島県内を中心に18店展開している。

スポンサード リンク

 

商 号
株式会社 廣文館
本 社
広島市中区本通り1-11
創 業
大正4(1915)年11月
資本金
4,000万円
代表者
代表:丸岡弘ニ
従業員
95名
主要取引銀行
広島銀行本店営業部
商工中金広島支店
三井住友銀行広島法人営業部
事業内容
新刊書籍・雑誌販売
検定教科書供給(小・中・高等学校)
CD・DVD・TVゲームソフト・文具販売
主要販売先
公共図書館(県立・市立・区立)
官公庁(県庁・市役所・国税局・他)
小・中・高等学校
大学・専門学校
主要取引先
株式会社 トーハン
広島県教科用図書販売 株式会社
株式会社 日教販
株式会社 ゲオサプライ

 

スポンサード リンク
[ 2018年12月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ