アイコン 日本電産 第3四半期決算 過去最高益 車載家電絶好調

同社の第3四半期までの業績は、「車載・家電・商業・産業」と「機械装置」分野が大幅に伸ばしている。同社は今後の市場と展開を次のように分析している。

<モータは産業のコメになる>
1、車の電動化、EV・PHV(内燃機関から電気ヘ/100年に一度の技術革新到来)
  トラクションミータ、CY25のTAMモータ
  独社driveXpert買収(ECUハードとソフト)
   日本電産ルロア・ソマーとPSAの合弁事業でトラクションモータ開発へ
2、ロボット活用の拡大(協働型ロボットの各産業現場への急拡大)
  精密制御減速機「FLEXWAVE」
3、家電製品のブラシレスDC化(家電製品の技術革新)
  AV・ドローン、OA機器、通信機器、掃除機などブラシレスDCモータの拡大
4、農業・物流の省人化(人手不足が深刻化、第4次産業革命が追い風、中国の賃金上昇対策)
  ドローン用モータ・・・将来市場はAirTaxi、電気飛行機へ拡大

スポンサード リンク
Q単期比較(2017年度3Qと2016年度3Qの比較)
 
精密小型モータ
車載・家電・産業等
 
/億円
前期比
/億円
前期比
売上高
1,246
4.5%
2,077
53.7%
営業利益
206
7.3%
202
42.3%
 
機械装置
電子・光学部品
 
/億円
前期比
/億円
前期比
売上高
380
16.2%
187
14.7%
営業利益
72
28.6%
25
-13.8%

 

 日本電産
連結/百万円
売上高
営業利益
←率
経常利益
当期利益
17/3期Q3
868,228
106,173
12.2%
107,747
81,617
18/3期Q3
1,105,921
127,127
11.5%
119,723
94,763
18Q3/17Q3比
27.4%
19.7%
 
11.1%
16.1%
18/3期予想
1,450,000
170,000
11.7%
163,000
128,000
18期予/17期比
20.9%
21.1%
 
14.6%
14.6%
17/3期
1,199,311
140,331
11.7%
142,278
111,721
16/3期
1,178,290
124,538
10.6%
119,328
91,810
15/3期
1,028,385
111,218
10.8%
107,371
76,216

スポンサード リンク
[ 2018年1月25日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ