アイコン ソニー/第3四半期 営業利益2.6倍

ソニーは2日、2018年3月期の連結純利益(米国会計基準)が、前期の6.5倍の4,800億円になるとの見通しを発表した。

エレクトロニクス事業が好調なほか、米国の税制改正の影響で税負担が減り、従来の最高益予想を1,000億円上回る。

第3四半期までは、スマホ以外はすべて好調に推移している。ゲームは家庭用ゲーム機からソフト=ネットワークの売上高を急増させており、TVもLGから有機ELを導入して大画面のプレミアム価格帯で復活を遂げている。やはりブランド力のなせる業だろうか。半導体もCMOSセンサーが中国スマホ向けに拡大、車載用も伸び、今後も自動運転用の視覚センサーの需要は拡大するものと見られる。映画は米・中でのビッグヒット作品待ちが現実。

スポンサード リンク
SONY 2018年3月期Q3売上高内容
ゲーム&ネットワークサービス
 
17Q3
18Q3
前期比
ハードウェア
505,409
506,366
0.2%
ネットワーク
504,868
718,695
42.4%
その他
202,336
93,894
-53.6%
合計
1,212,613
1,418,955
17.0%
音楽
音楽制作
294,296
337,238
14.6%
音楽出版
46,791
54,693
16.9%
映像メディア・プラットフォーム
117,169
190,249
62.4%
合計
458,256
582,180
27.0%
映画
映画製作
265,701
302,005
13.7%
テレビ番組制作
168,661
201,514
19.5%
メディアネットワーク
165,558
205,939
24.4%
合計
599,920
709,458
18.3%
ホームエンタテインメント&サウンド
テレビ
579,811
700,403
20.8%
オーディオ・ビデオ
239,770
284,664
18.7%
その他
1,218
1,772
45.5%
合計
820,799
986,839
20.2%
イメージング・プロダクツ&ソリューション
静止画・動画カメラ
267,962
326,362
21.8%
その他
151,700
162,037
6.8%
合計
419,662
488,399
16.4%
モバイル・コミュニケーション
598,855
564,025
-5.8%
半導体
484,332
584,389
20.7%
金融
806,954
950,292
17.8%
その他
276,660
286,307
3.5%
全社(共通)
21,595
22,117
2.4%
連結合計
5,699,646
6,592,961
15.7%

 

 SONY
連結/百万円
売上高
営業利益
←率
経常利益
当期利益
17/3期Q3
5,699,646
194,311
3.4%
163,763
45,639
18/3期Q3
6,592,961
712,676
10.8%
690,578
507,620
18Q3/17Q3比
15.7%
266.8%
 
321.7%
1012.3%
18/3期予想
8,500,000
720,000
8.5%
690,000
480,000
18予/17比
11.8%
149.4%
 
174.2%
554.9%
17/3期
7,603,250
288,702
3.8%
251,619
73,289
16/3期
8,105,712
294,197
3.6%
304,504
147,791
15/3期
8,215,880
68,548
0.8%
39,729
-125,980

スポンサード リンク
[ 2018年2月 3日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ