アイコン ビルダー・ジャパン」上原智子社長を逮捕 消費税法違反容疑 不正還付2.6億円

 

 

東京地検特捜部は5日、東京・港区の化粧品販売会社「ビルダー・ジャパン」の社長・上原智子容疑者(41)が、取引先から化粧品など多額の商品を仕入れたように見せかけ、消費税など2億6000万円余りの還付を不正に受けていたとして、消費税法違反などの疑いで逮捕した。特捜部は上原社長の認否を明らかにしていない。

上原社長は、実際には取引がないにもかかわらず、化粧品など多額の商品を仕入れたように見せかけて、虚偽の税務申告をし、一昨年6月までの3年間に消費税2億6000万円余りの還付金を不正受給し、消費税法違反などの疑いが持たれている。

消費税は、商品を販売して顧客から受け取った額より、仕入れなどで支払った額が大きければ、差額が還付される仕組みで、上原社長は架空の仕入を計上し、消費税を実際より多く支払ったように装うことで不正な還付を受けていたという。
特捜部は、会社の経営実態や不正に得た資金の使いみちなどについて解明を進めることにしている。
以上、

スポンサード リンク

上原社長は、安全性・品質面・機能面から海外客からの日本製=メイド イン ジャパンの要望に応え、国内でコスメ・健康食品類の開発・製造を手がけている会社の代表。
しかし、商品名には、Honey Taste Estoniaの名称がならび、販売は横文字や北欧に弱い日本人向けの国内販売が主を占めているようだ。
これまで販売チャンネルを確実に増加させ続けている。しかし、欲は欲を呼び、税金を支払うのがもったいないと考えてしまったのだろうか。
こうした発覚は、税務署の抜打検査、現・元内部者密告・経営者や関係者の軽はずみな言動により露見してしまう。悪いことはできん。

 

社 名
株式会社ビルダー・ジャパン
所在地
東京都港区芝大門1-2-18 野依ビル4階
代表者
代表取締役 上原智子
設立
2007年8月
事業概要
海外向け美容品・日用品の卸し及び国際流通
化粧品や健康商品などを中心としたプライベートブランド(PB)商品に関する企画・開発から日本での生産・販売
取引銀行
みずほ銀行 青山支店
芝信用金庫 本店
ほか

 

スポンサード リンク
[ 2018年3月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ