アイコン 石湊会 元会長に「実刑判決」

 

 

By

平成29年8月14日、同居する長女(45歳)をの顔を殴るなどの暴行を加えてけがを負わせたとして、
五島署に逮捕されていた暴力団幹部・石本修二容疑者(74歳)

平成30年3月2日 午後1時30分、長崎地裁五島支部において判決が言い渡されました。

主文 被告人を懲役1年4月に処する
なお、未決勾留期間の100日を刑期より差し引く。

高木裁判長は、「実娘さんの将来を考えての親心と本人も十分に反省している点等を鑑み、検察官求刑2年の刑期に対して期間より情状する」として主文の判決を言い渡した。

この判決に不服がある場合、判決日の翌日から14日以内に上訴手続となります。

[ 2018年3月 2日 ]
 

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ