アイコン 米トランプ フリンのポルノ女優から訴訟起こされる

 

 

トランプ米大統領とかつて性的関係を持ち、多額の「口止め料」を支払われたとされるポルノ女優がこのほど、トランプ氏本人との間で口止め契約は成立していないとして訴えを起こした。

ポルノ女優のステファニー・クリフォードさんは、カリフォルニア州の裁判所に提訴し、弁護士が6日、その内容をツイッター上で公表した。

クリフォードさんは訴状の中で、トランプ氏と数年前に性的関係を持ったことを認めている。2016年の大統領選前、過去に同氏と関係を持ったという複数の女性が名乗り出るなかで、トランプ氏の顧問弁護士、マイケル・コーエン氏がクリフォードさんに口止めを持ち掛けたという。訴状によると、トランプ氏自身の署名はないまま、コーエン氏がクリフォードさんの弁護士に13万ドル(約1400万円)を送金するよう手配した。

スポンサード リンク

クリフォードさんを口止めする内容の契約文書は交わされなかったが、コーエン氏による威嚇はその後も続いた。

先月27日には、コーエン氏がクリフォードさんを相手取り、本人への通知なしで「虚偽の調停」を申し立てたという。

クリフォードさんへの支払いは、1月の米紙報道で明らかになった。コーエン氏はこの報道に対し、トランプ氏は、クリフォードさんとの関係を強く否定していると語っていた。

コーエン氏はさらに2月、クリフォードさんには全額を自費で支払い、トランプ陣営からの払い戻しは一切なかったとする声明を発表した。
訴状によれば、コーエン氏はこの声明についてもクリフォードさんの同意を得ていなかった。
以上、CNN参照

トランプは抱いた女が誰だかいちいち覚えていないのが真実だろう。トランプは過去ロシアを仕事で訪問した際、ロシアの政府高官とも会っている。そのときの女性とのいかがわしいフイルムをプーチンが握っているのではと過去、米英紙などが報じていた。
コーエン氏はトランプの信望者と言うが、1400万円も懐から支払うだろうか。刑事事件になれば、コーエン氏の私的公的通帳などが全部捜索対象になるだろうが。
妻がありながらあまりにも女性関係が多ければ、保守的な福音派からも嫌われる可能性がある。

0308_04.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年3月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ