アイコン 1月の家計調査 1.9%増  住居・光熱・保健医療大幅伸長

 

 

総務省が発表した個人消費の動向をあらわす1月の「家計調査」によると、家庭の消費支出は、1人暮らしを除く世帯で28万9703円と前年同月比で1.9%増加し、2ヶ月ぶりの増加となった。

消費支出
消費支出(二人以上の世帯)は,1世帯当たり289,703円
前年同月比実質2.0%の増加、名目3.7%の増加
前月比(季節調整値)実質2.8%の増加
変動調整値(調査方法の変更の影響による変動を調整した推計値)
前年同月比実質1.9%の増加、名目3.6%の増加
前月比(季節調整値)実質2.7%の増加

スポンサード リンク

実収入
勤労者世帯の実収入(二人以上の世帯)は,1世帯当たり442,129円
前年同月比実質▲1.5%の減少、名目0.2%の増加
変動調整値(調査方法の変更の影響による変動を調整した推計値)


前年同月比実質▲3.3%の減少、名目▲1.7%の減少

2018年1月の消費動向/前年比
 
金額/円
名目
実質
消費支出
289,703
3.7%
2.0%
食料
76,847
4.3%
1.1%
住居
13,777
10.3%
10.2%
水道・光熱
28,245
11.7%
6.8%
家具・家事用品
10,094
-1.2%
0.0%
被服・履物
13,138
-2.4%
-2.9%
保健医療
13,829
14.5%
12.7%
交通・通信
39,170
4.0%
3.3%
教育
9,195
-9.9%
-10.3%
教養娯楽
27,847
3.9%
3.4%
その他
57,559
0.3%
-1.4%

 

スポンサード リンク
[ 2018年3月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ