アイコン いいころ加減 いずも「空母」は既成の事実

 

 

安倍首相は、衆議院財務金融委員会で、自衛隊の護衛艦の空母への改修を具体的に検討したことはなく、攻撃型空母の保持は許されないという政府の見解に変わりはないとする一方、装備の拡張に関する調査や研究を行うのは当然だという認識を示した。

政府が自衛隊の護衛艦「いずも」を戦闘機が発着できる空母に改修して、短距離の滑走で離陸が可能な最新鋭戦闘機F35Bを導入しようとしているのではないかと問い質された。

これに対して、安倍首相は「これまで政府として、護衛艦『いずも』の空母化に向けた具体的な検討を行ってきたとの事実はない。また、長距離戦略爆撃機や攻撃型空母を保持することは許されないと考えており、今後ともこの見解に変更はない」と述べた。
以上、

スポンサード リンク

空母と同様に248メートルもある「全通甲板」のいずも、中国やら、韓国やら、北朝鮮やら、日本の周りは敵ばかり、空母持ってなぜ悪い、専守先制攻撃防衛は日本の法律で認められている。

北朝鮮に、上空を含む日本へ向けたミサイル発射の兆候があれば、北朝鮮の発射基地もろとも破壊できる法律にすでに作っている。
そのためにもいずもの甲板をF35Bの着陸時の逆噴射に耐えられるよう改修することが急務になっている。F35Bは発注しても何年も先、そのころまでにいずもの甲板を改修していればすむことだが・・・。言葉尻で逃げるな首相。
 

スポンサード リンク
[ 2018年2月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ