アイコン 空飛ぶタクシー開発競争進む エアバスは20年販売へ 日本は番外

 

 

グーグルの共同創業者、ラリー・ペイジ氏が出資する「空飛ぶタクシー」のプロジェクトが、ニュージーランドで本格始動する見通しとなった。
ペイジ氏が支援する米シリコンバレーの新興企業、キティ・ホークはこのほど、新型の飛行機「コラ」のビデオを公開。ニュージーランドで製作と飛行実験を進める許可を得たと発表した。

同社によると、コラは米SF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズの自動車型タイムマシン「デロリアン」と、米テレビアニメ「宇宙家族ジェットソン」に登場する空飛ぶ車を合わせたような乗り物になるという。
「ヘリコプターのように離陸してから飛行機に早変わりする」という謳い文句の通り、垂直離着陸ができる。

自動操縦システムを搭載し、時速150キロ以上のスピードで飛ぶ。100パーセント電動で、一度に100キロの距離まで航行できる。

スポンサード リンク

キティ・ホークのニュージーランド拠点を率いるフレッド・リード氏は、同社のウェブサイトに掲載されたビデオの中で「大気汚染なし、排ガスなしで自動的に飛ぶ乗り物をお届けします」と話している。
同社はコラのほかに「フライヤー」という飛行機も開発中。昨年4月に試作機の飛行実験を行った。こちらは車というより、水上オートバイに翼を付けたような形だ。

空飛ぶタクシーはほかにも、米配車サービス大手ウーバーや欧州航空機大手エアバスが開発を進めている。ほとんどがコラと同じように小型飛行機のようなデザインで、自動操縦技術や滑走路のいらない垂直離着陸方式が採用されている。
エアバスの空飛ぶタクシー「バハナ」は先月、米オレゴン州で試作機の初飛行にこぎ着けた。2020年には商品化して発売する計画だという。

<オスプレイ型のキティ・ホークの「コラ」(左)/エアバスのバナナ(右)>
0315_03.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年3月15日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ