アイコン 公取委 アマゾンの横暴に立入検査 法遵守は当然 ここはアメリカではない

 

 

公正取引委員会は15日、アマゾンの日本法人「アマゾンジャパン合同会社」(東京都)が、取引先に対して不当な「協力金」を負担させた疑いがあるとして、同社に独占禁止法違反(優越的地位の乱用)容疑で立ち入り検査をした。

アマゾンは日用品や食品などをメーカーから仕入れ、ネットを通じて自ら販売している。

関係者によると、同社は遅くとも数ヶ月前(昨年11月から)から、納入元のメーカーに対し、アマゾン側が値引きして売った商品の販売額の一定割合を「協力金」として支払わせていた疑いがある。値引き分を補填する目的があったとみられる。

独禁法は、優位な立場を利用して不利益な取引を受け入れさせることを禁じている。

メーカー側は協力金を断れば、「サイトでの商品広告が不利に扱われる」「ブランド力のあるアマゾンに出品できなくなれば、消費者の目につかなくなる」などとして、支払いに応じていたとされる。

スポンサード リンク

協力金の支払いを検討させてくれとアマゾンに願い出たメーカーでは、アマゾン側が了解したものの、その間、アマゾン側は販売促進費として請求し、支払わせていた。デタラメ極まる行為である。

税金を適正に支払っているのかどうかも不明な、非開示過ぎるアマゾンジャパンの実態を暴くいいチャンスかもしれない。

アマゾンは、日本の法を知らないはずはない。日本の通販で絶対的な優位に立ち、あえて協力金や販促金を協力業者から徴収するのは、日本国への挑戦でもある。厳罰が求められる。

スポンサード リンク
[ 2018年3月15日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ