アイコン 米トランプ 韓国から米軍撤収か 

 

 

米トランプは、北朝鮮の核を廃絶させるため、北朝鮮側が要求するであろう米軍の韓国撤収を表明する可能性がある。今回の発言はその布石とも見られる。
ただ、そうした政策は中国やロシアとの軍事バランスを念頭に置くティラーソンと近かったマティス国防長官と衝突する可能性が高く、トランプはマティス長官さえ解任する可能性すらある。
米トランプが北朝鮮問題で北に核廃絶させ最終的に狙っているのはノーベル賞だろうが、決して人種差別主義者のトランプに対してノーベル賞など授与されない。

トランプは、このほどミズーリ州で行った演説で、韓国との貿易交渉でもっといい条件が引き出せなければ、在韓米軍を撤収させるという脅しとも取れる発言を行った。
トランプは14日の演説で韓国との関係について、
1、「我々は、巨大な貿易赤字を抱えながら、彼らを守っている」
2、「貿易で金を失い、軍事でも金を失っている」と主張。
3、「我々は現在、3万2,000人の兵士を南北の境界に配備している。どうなるか見守ろう」
と語った。
(実際は米韓協定で28,500人の米兵士数、兵士数くらい正確に把握してもらいたいものだ)

スポンサード リンク

トランプはさらに、
4、「同盟国の国々は、自分たちのことだけを考えている。我々のことなど考えていない」
と不満をぶちまけている。
(日本に対して述べていると見たほうが賢明)

演説の内容はワシントンポスト紙が入手し、CNNも集会参加者に確認した。
韓国貿易省の報道官は15日、トランプの発言について、「トランプ大統領が何か発言するたびにコメントできる立場にはない」と話した。青瓦台は「ノーコメント」だった。

今回のトランプの発言の数時間後には、韓国の外相が米朝首脳会談について協議するため、ワシントンに到着している。
(韓国の外相は、ティラーソンと約束して訪問しており、ティラーソンがツイッターで解任され、米国で誰に会えるのか右往左往しているのが実情)
以上、報道参照

先日は基地外トランプが、日本で米車が売れないのは、米車に対して、ポーリングの玉を6メートルの高さからボンネットに落とし傷が入らないことを要件にしているからだとフェイクニュースを公然と述べている。
ホワイトハウスはトランプの冗談だと述べたが、日本の鉄鋼に関税を課す前哨戦の発言だと見て取れよう。
欧州各国の首脳たちから嫌われ、盟友のイギリスへは就任して1年以上経っても、入国さえできないでいる。
こうしたトランプをこの上なく愛している首脳はイスラエルと日本のトップくらいのものだろう。世界から嫌われ者扱いされているトランプだ。

スポンサード リンク
[ 2018年3月17日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ