アイコン 健康 フタル酸問題 外食が健康に悪い理由一つ増加 食品加工・包装に使用

 

 

頻繁な外食は糖分や脂肪分の取りすぎの原因になるだけでなく、有害性が指摘される化学物質「フタル酸」の摂取も大幅に増えるという研究結果が、このほど報告された。

フタル酸は、香水やヘアスプレーなどのほか、食品の加工や包装に使われるプラスチックにも含まれ、「先天性疾患」や「行動問題」、「肥満」などとの関係が指摘されている。

28日の学術誌に発表された研究結果によると、レストランやカフェ、ファストフード店で前日に食事した人は、家庭で料理して食べたという人に比べて、フタル酸の値が35%も高いことが分かった。

論文を執筆したジョージワシントン大学のエイミー・ゾタ准教授によると、外食をした人は、包装用プラスチックと接触していた食品を通じてフタル酸を摂取したとみられる。

スポンサード リンク

フタル酸の中でも、プラスチックを柔らかくするために添加される可塑剤は、最も懸念が大きいという。可塑剤は食品の包装や、食品を扱う手袋などに使われている。

研究チームは、米疾病対策センターが2年ごとに実施している栄養摂取に関する調査で、2005~2014年にかけて収集した1万253人のデータを分析した。
その結果、3分の2は前日に少なくとも1回は外食したと回答。
外食した人は、年齢や性別を問わず、自宅で食事をした人に比べて尿に含まれるフタル酸代謝物の価が大幅に高いことが分かった。
特に10代の若者の場合、外食した人のフタル酸の値は、55%も高かった。

ゾタ氏によると、特にチーズバーガーなどの持ち帰えり用サンドイッチ類は、フタル酸上昇との関係が顕著だという。

ゾタ氏は、食生活を変えて自宅で調理した食品の消費を増やした方が、健康のためになると話している。
以上、CNN参照

フタル酸エステル類は生殖に影響を与える環境ホルモンの一つにあげられる場合もある。
日本は、育児用品の乳幼児が口にする部分のへは添加物として使用してはならないとしている。
EUでは育児用品へは使用全面禁止。
米国では12歳以下の玩具で口につける部分への使用禁止、育児用品への使用全面禁止としている。
日本は、EUや米国と異なり、死者でも発生しない限り、企業・産業優先。中国の煙霧大魔神とほとんど変わらない。
EUや米国は、フタル酸類が、何か問題があるからこうした使用制限を設けている。
中国製の育児用品は特に要注意だろう。

スポンサード リンク
[ 2018年3月31日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ