アイコン GWの天気予報/ウェザーニューズ社 前半は短い周期で天候変化 後半は前線影響

 

 

GWは天気が周期変化、平年より暑く半袖日和となる日も
~北海道は桜が見頃!GW後半は西・東日本の太平洋側で強い雨が心配~

ウェザーニューズ社は、来週に迫ったゴールデンウィーク(GW)の計画に天気情報を役立ていただくためとして、4月28日~5月6日の天気傾向を発表した。

2018年のGWは、高気圧と低気圧が交互に通過し、短い周期で天気が変化する見通し。
晴れる日は、新緑のもと初夏の出かけを楽しむことができそう。
(気象庁は全国的に高・低気圧は交互に変化するが、平年のように晴れの日が多そうと予想している)
ただ、GW後半は、低気圧や前線の影響を受け、西・東日本の太平洋側を中心に強い雨が心配。

気温は、各地で平年よりやや高い~高い予想で、晴れる日は薄着でも過ごしやすい陽気となる。
また、北海道の道南・道央ではGWを通して見頃の桜を楽しめそう。

スポンサード リンク

<GWの天気は各地で周期変化、気温はやや高い~高い予想>
 GWは高気圧と低気圧が交互にやってくる。
このため、雨の降る日があるものの、広い範囲で晴れる日もあり、新緑のもと初夏のお出かけを楽しむことができそう。
GW後半は、低気圧や前線の影響を受け、西・東日本の太平洋側を中心に強い雨の降る日がある。
また、北海道も寒気の影響で、にわか雨や雷雨となる日もあるため、海や川、山でのレジャーは注意が必要。

気温は、九州~東北で平年より高い予想、沖縄・北海道でやや高い予想で、晴れる日は薄着でも過ごしやすい陽気となりそう。
西・東日本では、半袖でも暑く感じる日もあるため、水分をこまめにとるなど体調管理に注意が必要。

今年は桜の開花が全国的に早く、弘前公園(青森県)は、GW前に見頃を迎え、29日には散り始めてしまいそう。
五稜郭公園(函館市)は、26日に開花、30日に満開の予想となっており、道南・道央ではGWを通してお花見を楽しめそう。

縦に長い日本列島、北と南で天気や季節は大きく変わるので、国内旅行を予定されている場合は、お出かけ前に最新見解を要確認のこと。

ウェザーニュースウェブサイト『GWの天気傾向』
https://weathernews.jp/s/topics/201804/160065/

0417_08.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年4月17日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ