アイコン 大韓航空機 関空・尻もち路面接触事故 着陸やり直しで

 

 

国交省は10日、大韓航空の韓国・済州発関西国際空港行きのボーイング737型機が9日、関空で機体後部下面を滑走路に接触させたと発表した。乗客乗員99人にけがはなかった。

運輸安全委員会は10日、事故調査のため調査官3人を現地に派遣すると決めた。国交省によると、9日午後9時33分ごろ、関空のB滑走路で着陸をやり直そうとしたところ、機体後部下面が滑走路に接触。再度の着陸は問題なくできたという。接触した部分が大修理を要する損傷となったため、航空事故に該当すると判断した。

以上、

スポンサード リンク

パイロットはLCCの登場以降、世界的に不足しており、高機能化し続ける飛行機に対して、質の低下も問題視されている。

スポンサード リンク
[ 2018年4月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ