アイコン 中国無人偵察機「BZK―005」が尖閣に、航空自衛隊スクランブル発進 諸元・性能

 

 

0419_01.jpg偵察機は国名など表記しないことから、どこの馬の骨かもわからず、領空とか関係なく、即、撃墜可能。日本側の緊急発進にあわてて退散したものと見られる。

防衛省は18日、沖縄県の尖閣諸島周辺の上空で今月10日午後に中国軍の無人偵察機とみられる航空機が飛行し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表した。
領空侵犯はなかった。

スポンサード リンク

日本周辺空域で国籍不明の無人機が確認され、空自機がスクランブルしたのは2013年9月以来2回目で、同省で警戒を強めている。
発表によると、確認されたのは、中国が開発した無人偵察機「BZK―005」とみられる航空機1機。

尖閣諸島北方約160キロの日本の防空識別圏を南下しているのを、空自のレーダーが捉えた。空自機がスクランブルすると、同機は向きを変えて北上した。

<↓ 「BZK―005」>

中国無人偵察機「BZK―005」
最大離陸重量
1,250kg
全長
7.5
翼幅
9.8
エンジン
ターボプロップエンジン×1
最大速度
 
巡航航度
150~180km/h
上昇限度
8,000m
巡航高度
5,000~7,000m
巡航飛行時間
40時間
ペイロード
150kg
離陸距離
600m
離陸距離
500m

スポンサード リンク
[ 2018年4月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ