アイコン NEC 岩手一関工場と茨城筑西工場を閉鎖

 

 

部品メーカー以外電子製品製造分野で完敗した日本、NECも昔の面影はなく、通信インフラ事業とITソルーション事業へ展開して生き残っているが、通信インフラも国内の公共投資頼み、海外への展開が遅れ、通信インフラへの公共投資減で失速している。

NECは19日、経営の合理化を進めるため、国内に9つある工場を対象に統合や縮小などの再編を行い、ルーターなど生産の岩手県一関市の工場と部品点検を行っている茨城県の筑西市の工場の計2つの事業所を閉鎖し、計280人(一関260人、筑西20人)の従業員を国内のほかの工場に配置転換すると発表した。

スポンサード リンク

NECは、主力の通信インフラ事業などの低迷で業績が伸び悩んでいるため、経営の合理化を進めており、今年度中に国内で3000人の希望退職を募集することを明らかにしている。

 

スポンサード リンク
[ 2018年4月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ