アイコン 北海道 桜はこれから本番 函館で開花 松前公園の桜1万本 5月下旬まで

 

 

北海道南の松前町と函館市で25日、ソメイヨシノの開花が発表された。
道内で最も南に位置する松前町は、サクラの名所「松前公園」にあるソメイヨシノを基準に町が独自に開花を発表している。松前町での開花は、平年より5日早く、昨年より2日遅い。
松前町によると、ソメイヨシノは、今週末から見頃を迎えるという。

松前公園は、250種、約1万本のサクラが植えられていて、遅咲きのものは5月下旬まで楽しめるという。
函館市の五稜郭公園でも開花、数日後に満開になり、大型連休に見頃を迎えそう。

スポンサード リンク

札幌では開花の発表はまだないが27日が予想されている。標本木のソメイヨシノはまだだが、エゾヤマザクラはすでに満開状態。
サクラの名所の円山公園では花見客を迎える準備が進められている。エゾヤマザクラやソメイヨシノなど計150本のサクラが植えられている。
ソメイヨシノの開花予想日は、札幌市で平年より6日早い27日と予想されていて、満開になるのは5月1日と見込まれている。

日高の新ひだか町静内地区にある「二十間道路」はサクラの名所として知られるが、来週後半にも開花が予想されている。エゾヤマザクラやカスミザクラなど約3000本の桜並木が全長7キロにわたって続く道内有数のサクラの名所。5月1日から桜並木が一般開放される「しずない桜まつり」が開かれる。

室蘭市での開花は、5月1日と予想されている。
エゾヤマザクラの開花予想日は、
帯広市で4月28日、
旭川市で5月1日、
釧路市で5月13日、
チシマザクラの開花予想日が、根室市で5月15日と予想されている。

日本気象協会によると、来週にかけて道内は気温が高めか平年並みと予想されており、大型連休中には道東を除く道内の広い範囲でサクラが開花する見込みだという。
以上、

桜を見損なった人は連休大自然と桜の北海道へ・・・。

<↓7キロの桜並木「二十間道路」>
0426_07.jpg

 

スポンサード リンク
[ 2018年4月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ