アイコン 草津白根山火山性地震活発化 レベル2維持

 

 

気象庁によると、草津・白根山(湯釜付近)の火山性地震は22日11時台をピークに多い状態が継続していると発表した。

湯釜火口付近の傾斜計で観測されていた変化は、22日12時頃に反転した。

引き続き、白根山の湯釜付近では火山活動が高まっていると考えられ、今後、湯釜火口から概ね1kmの範囲に影響を及ぼす噴火が発生する可能性がある。

本白根山の火口から概ね1kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に要警戒。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないこと。

噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降るため要注意。

 

↓21日以降の、湯釜付近の火山性地震の発生回数(速報値含む)は以下のとおり

スポンサード リンク
白根山 レベル2
 
火山性地震
回数
4月21日
00~24時間
7
4月22日
00時~03時
3
03時~06時
10
06時~09時
21
09時~12時
64
12時~15時
43
15時~16時
12

スポンサード リンク
[ 2018年4月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ